【OKINAWAと書かれている飲食店の実態に挑む】

LINEで送る
Pocket

レチョ子、
まだまだ、セブという土地をぜんぜん舐めていた!!!
という、実体験をここに記そうと思います。

ま、全然なれてないんですけどね~

OKINAWAという看板に惹かれて

場所は、
マボロのCaste Peakホテルの道向かいを
少し入ったところにあります。

Exif_JPEG_420

まあ、

「OKINAWA」

こう、書かれていたら、
沖縄料理が食べられるレストランかと思いますよね?
ソーキそばとか食べられちゃう?

わくわく!!!
いや…しかし

「いやいや…ここはセブ…1000歩譲って日本食かな?」

そう言う感じです。

しかし、普通に斜め45℃に期待を裏切られました。
それもある意味想定内。

経営は韓国系?

日本食っぽい看板出して置いて、
韓国経営よくあります。

Exif_JPEG_420

メニューに、
かつ丼、親子丼、お握り、餃子があるので、
辛うじて日本食といっても、
まあ、大体的な偽りではないというレベルです。

入店してすぐ、

「帰ろう…」

そうレチョ子は思いました。

沖縄料理の「お」もないじゃん!!!

しかし、
お腹を空かせた我が子は、
それを許してはくれませんでした…

失敗はないだろう、
おにぎりを頼むと、
鳥、豚、オムレツが具だと書いてあります。
これ、
通常のおにぎりの具じゃないし!!!!!

しかし、そこはぐっとこらえて、

私「鳥で…」

お店の人「ツナしかない」

メニューの意味ないじゃん………

ツナは苦手なので、
うっかり餃子を頼みました。

4個100ペソ(約300円)高い…

Exif_JPEG_420

暫くして出てきました。

取りあえず、親子2人で2個ずつの餃子を食す事に。

「あ…」

子供が一個25ペソ(約75円)の餃子を床に落としました。
まあ、拾って食べましたよね。
私が…

旅行者の皆さまは食べない方が無難です。

お腹は壊れませんでした。

良かった。

これで、病院に行くことになると、
余計高くつきます…

味は悪くなかったですが、
多分このお店にはいく事はない気がしますが、
もしかしたら、
劇的にかつ丼とか、親子丼が美味しいかもしれ、ない…?
もう一度くらいリベンジしてみてもいいかなとも思います。

このお店の何が良かったかというと、
サービスウォーターに、
ちゃんとしたボトルの冷えた水が出されるという事ですね!

Exif_JPEG_420

わ~パチパチ!!!
素晴らしい!!!

こういった、
小さな幸せに気が付けるかが、
セブで生きていくポイントとなります。
たぶ~んです。


さらに役立つセブ情報はブログリンク集「セブ島情報」から。
フォースの力で走るマスター・ジプニーに乗ってレッツゴー!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
LINEで送る
Pocket