【気まぐれタクシーとカラの飴】

LINEで送る
Pocket

日本では考えにくい事が起こるそれが常識。

タクシーの運転手さんは渋滞が嫌い

いつも使っている道をタクシーで帰宅するときに捕まえた運ちゃんとの会話。

運ちゃん
「左の道混んでるから、右の道いっていい?」

レチョ子
「いや、右も混んでるし、そっちの方が料金高くなるから、
左の道行ってくれる?」

運ちゃん
「でも、右の道混んでるから」

レチョ子
「どっちも毎日渋滞してるの知ってるから、
左の道でお願いします」

運ちゃん
「………わかった」

このやり取り面倒くさい…
大体20ペソくらい高くなるんですよね。
しかも、早く着く訳じゃない事を知っているレチョ子…
なのでここは譲りたくない。

そして走り出すも、
渋滞にはまると…

運ちゃん
「やっぱこっち渋滞してるじゃん。降りて」

レチョ子
「は?(思わず)」

運ちゃん
「メーターの料金払って降りて」

レチョ子
「え?(うっかり)」

運ちゃん
「あ~すっごいお腹痛くなっちゃったから、
ゴメン!お金いらないから降りてくれる。悪いね~」

レチョ子
「わかった…ありがとう…」

そして降りるレチョ子………
ここで下されるとタクシーなかなか捕まんないんだよなぁ…
大人しく右の道に行っておけば良かったか…

昼間だから良かったけど、
夜で女性独りとかだったら絶対危ない。
でも、タクシーだからって絶対安心なわけでもない。

デンジャラスカントリーフィリピン。
まあ、日本でもないとは言えないけど頻度の問題ですよね。

今回はすぐ捕まったけど、
タクシーは定期的にネタが尽きない乗り物です。

…っていうか、
日本人のレチョ子がセブの渋滞諦めてるんだから、
仕事の君たちが諦めないでどうする!!!

そして、
小腹がすいた時に
舐めようと思って購入したチョコミント飴
袋から出したら、
連続して2個カラでした。

めっちゃこういうのあるよね…

日本だと、
「レアだ~」

こっちだと、
「またか~」

こんなかんじです。

中身が粉砕されてる飴も結構見受けられます…
大抵のことは諦めます…


さらに役立つセブ情報はブログリンク集「セブ島情報」から。
ホワイトタクシーに乗ってレッツゴー!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
LINEで送る
Pocket