【渋滞だからこっちの道を行った方がいいよ?ほほう?本当かな?】

LINEで送る
Pocket

レチョ子めっちゃタクシー乗ってます。
セレブだからではなくやむなき事情でです…(遠い目)

【セブ市内は大抵渋滞してる】

なので、
きまった目的地なら
どっちの道を行った方が
どんなにどんなにどんなに
どおおおお~んなに渋滞だろうと
安くて速いって知ってます。
セブのタクシーの運ちゃんレチョ子舐めんなよです。

…まあ、超一部地域の事ですが…

今日も今日とてタクシーを捕まえて
目的地に向かおうと場所を伝えたら、

うんちゃん
「マム…あっちの道は渋滞だからこっちの道をいってもいいかい?」

ソフトな物腰。でも知ってますレチョ子。
そっちの道が混んでなくても
いつもの道を通るより
どんなに頑張っても料金が高くつく事。

レチョ子
「いんや、毎日乗ってるから知ってる。あっちの道で宜しく」

うんちゃん「OK」

たまにこれで物凄く機嫌悪くなる運ちゃんも居てそういう時は、
「有難う、ここで下して」そうにこやかに告げます。
そうすれば大抵要望は通りますが、
強面またはタクシーが次に掴まりそうもない所だったら
そのまま乗っていきます…それがセブで生きる道。
撃たれるかも?
そう一瞬でも思ったら従うが吉です。

しかし…
今日はもう一度
「あっちの道は渋滞だから、こっちの道いってもいいか?」
そう聞かれたので、
「わかった」そういってみたのですが、結果は惨敗でした。

どんだけ渋滞なんだよっていう
ここ最近で一番の渋滞に巻き込まれました。

普段ならどんなにかかっても
85ペソの所、
今日は135ペソもかかりました。

途中で明らかに悪くなる車内の空気。
チッと舌打ちするうんちゃんに
負けじと舌打ち返しをするレチョ子。

心の中で
「なにが渋滞さけるじゃボケが!!!」
そう私のちっさくもないおっさんが叫んでいました。

あまりにもイライラしたので、
思わず昨日友人とやり取りした
死ぬほどくだらないSkypeのやり取りを見返して
溜飲を下げるという荒治療までしました。

持つべきものは、
こういうくだらない事を言いあえる友人だよなと
心から思いました…
話の内容は割愛します。

降りる際に
「さすが運転のプロ、渋滞に巻き込まれる事も無くスムーズだったわ」
そうにこやかに微笑み135ペソ差し出して去っていきました。

嘘です。
そんなことできませんでした。
「100ペソでいいかな?」
無言で運ちゃんは受け取り去っていきました。

普段20分で着くところ40分かかったよ!!!

絶対もうあの道は通らないと心に誓った昼下がりでした。
大抵の事はイライラしても
まあ仕方ないよねって思えるようにはなってきましたが、
今日は流石にガックリ来ました…


さらに役立つセブ情報はブログリンク集「セブ島情報」から。
フォースの力で走るマスター・ジプニーに乗ってレッツゴー!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
LINEで送る
Pocket