【財布を忘れてタクシーに乗るの巻】

LINEで送る
Pocket

レチョ子です。

雨が降っていたり、
スコールの後では、
タクシーが格段に掴まりにくくなる
セブからお届けします。

一端降りて待ってもらう場合

子供を、
迎えに行くのにタクシーに、
乗ったんですけど、
降りる直前に
財布がないことに気がつくレチョ子…

やらかした…
どうしよう…

子供を拾って、
そのままとんぼ返りの帰宅予定だったので、
タクシーの運ちゃんと交渉することに。

レチョ子
「ここで止まって下さい。
…そんで、ここで待っててくれないかな?」

運ちゃん
「いんや、待たない」

そう…
待ってくれる人もいるけど、
待ってくれない人も結構いる。

最初はなんでよ~!とか思っていたけど、
多分、
待ちたくないだけが理由なので、
待たないと言った人は
すぐ諦めるようにしています。

後、
待って貰っている間は
メーターは止めないでそのままか、
一端目的地に着いたらリセットされて、
もう一回初乗り料金からになるかのどちらかです。

初乗り料金とか、
「え~そんなぁ…」って思っていたんですが、
日本みたいに500円とか600円とかではないので、
まあ、そうだよね…って思います。
でも、ジプニーと比べちゃうとね…
難しい所です。

レチョ子
「…財布忘れた…
子供迎えに来たから、
すぐ連れてきて家までこのまま帰って貰えないかな?
そこでお金払うから。ね?頼むよ~」

運ちゃん
「………あ~え~マジっすか………」

超嫌そう。
でも、
結局、待ってくれて、
家までUターン。

勿論メーターは、
一回リセットでしたが、
少しおまけしてくれました。

いい人じゃん!
有難う運ちゃん!!!

そう思ったレチョ子でした。

細かいお金を忘れずに

結構皆さん言われているので、
目にするかと思いますが、
本当に、
セブで交通機関を利用するときは、
細かいお金は持っていた方が絶体に吉です。

タクシーだったら、
20ペソ
50ぺソ
100ペソのを用意しておけば安心

ジプニーだったら、
1ペソ
5ぺソを準備していれば安心

タクシーでも
お釣りないって言われる事が多いので、
500ペソとか
1000ペソとか出すのは得策じゃないです。

長距離使う場合は別ですけど、
空港からセブ市内まででも、
混雑状況、どこまで行くかにもよりますが、
500ペソかかることはまずないので。


さらに役立つセブ情報はブログリンク集「セブ島情報」から。
ジプニーにつかまってレッツゴー!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
LINEで送る
Pocket