タクシー余談。

LINEで送る
Pocket

先日に引き続き、タクシーについてです。

こっちの運転手さんは番地を言っても分からない事が多いです。
寧ろ番地は無い?(嘘です。ありますが、あまり意識していないようです)

「え?」と思うかもしれませんが、そうなんです。
ナビももちろんない。
なので、こちらに来たら、

・エリア(地区、道路の名前)
・目印になる建物(ホテル、ショッピングモール、ビレッジ‐ガードさんがいて門のある団地にようなエリアの事‐等)

これを伝えるとわかってくれやすいです。
大体は観光でタクシーを使う事が多いかと思うので、観光地は大体の運転手さんは把握していると思いますが、
マイナーな場所や友人宅などを訪れる時に使用する場合は前もって調べておくと慌てなくてすむかと思います。

分からない場合は、自分でナビをしないといけなくなります。
ナビができない場合は、最悪そのタクシーを諦めて、別のタクシーを拾ったりしたほうが無難ですが、
聞いた時は、「知ってる」と運転手さんは親切心で答えてくれるのですが、
分からなくなると、タクシーを止めて周りの人に聞いて目的地までという場合もあります。
大抵は人々の優しさで目的地に着く事ができると思います。
セブはバファリ○ンで出来ている。多分…

私は極度の方向音痴&英語喋れない(よく住んでられると思います…)の2重苦を背負っているので、
中々タクシーを使うのに勇気がいりました。
日本でだって滅多に乗らなかったのに!!!

使い始めは、ドキドキしながらメーターとにらめっこしながら乗っていましたが、
最近はわりと慣れてきましたが、油断は禁物なので、毎回適度に緊張するようにしています。

あと、走り初めには必ずメーターがリセットされて、再スタートしていることも確認を忘れないようにする事が大切かと思います。

それから、こちらの運転手さんはショートカットの道を使う人が多い気がします。
回り道される事は少ないと感じてはいます。今の所ですが。

magari_michi

 

 

 


さらに役立つセブ情報はブログリンク集「セブ島情報」から。
ジプニーにつかまってレッツゴー!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
LINEで送る
Pocket