【家事の手伝いを子供に教えるのは忍耐が必要】

LINEで送る
Pocket

レチョ子です。

レチョ子は気が短いです。
その上自分ルールが結構あるので、
出来たら家事は自分でやりたいです。

…勿論、
したくない時もありますけど…
寧ろ…
しょっちゅう…(ダメ主婦)

食器の洗い方とか、
洗濯物の干し方とか…
そんなに大層な物じゃないけど、
いつもと違うとなんか変な感じ。

特に食器洗いが面倒です。
あと、
二層式洗濯機を使っているので、
気が付くと
洗濯物が途中のまま
放置されてしまいます…_(:3」∠)_

しかし、
もう子供も結構大きくなってきてるし、
私としても、
学校の教育方針としても、
お手伝いって
大事っていうことなので、
この夏休みに
色々やって貰うことにしたのですが…

あれって…
親の忍耐力も試されますよね…
というか、
家事を教えるというのは
多分新人研修に似ている…
…気がする…
したことないからわかりませんが(ダメ主婦)

やりたくない!
とか…
これが終ってから~!
とか…

取りあえず、
この夏休みに目指しているものは、

・自分の部屋のモップ掛け
・洗濯物のサポート
・食器洗い
・料理のサポート

こんな感じかなぁって。

コツは
子供一人にやらせるのではなく、
自分も一緒にやる、
または、
別の家事(仕事)を
していることかなぁって思いました。

自分だけしてるっていう感じが、
特にやる気を削るようです。

後、
学校のクラブで料理教室を選択していたので、
元から食べることには興味が旺盛だった我が子。

家でも作ってみるきっかけになったようで、
クラスで作った料理を
作ってみたいという話しになったり。

一応、
火が心配なので、
親が傍に居ながらですが、
目玉焼きとスクランブルエッグを
作れるようになり、
休日に
子供が旦那に作り方を教えてましたヾ(*´∀`*)ノ

その調子で頑張って貰いたいものです。
…と、いうか
私が一番頑張らないといけない所でも
あったりするんですけどね…

子供には
ある程度家事は出来るようにして貰いたい…
生きてく上で、
自分で身の回りのことを
出来るようにしておくって大切だよ…

そんなことを言っている
レチョ子ですが、
旦那と結婚するまで、
実家では
洗濯、料理してなかったんですけどね…

何故なら、
母とやり方が激しく違っていたうえ、
私も母もやり方を譲らなかったため、
毎回大喧嘩になっていたからです(‘ω’)


さらに役立つセブ情報はブログリンク集「セブ島情報」から。
ジプニーに乗ってレッツゴー!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
LINEで送る
Pocket