【缶詰がいっぱい】

LINEで送る
Pocket

なんで、
こんなに沢山肉の缶詰があるんだろうって、
最初吃驚したレチョ子です。

日本では、
「スパム」と「コンビーフ」の
2大派閥くらいしか見ない気がします。

…そもそも、
もとからあんまり缶詰が好きではなかったので、
日本でもその売り場に、
あまり行かなかったので記憶が薄いんですが…

一面肉の缶詰!!!

どこのモールの食料品売り場に行っても、
圧巻のこの品揃え…

Exif_JPEG_420

全部肉!!!

Exif_JPEG_420

ついでに、こっちは魚…

ちなみに、
こちらでもスパムは売っていますが、
大体、100ペソ(約300円)くらいします。
日本よりちょっとだけ安いかなって感じです。

日本でも、沖縄はちょっとスパム安いんですよね。

でも、
こっちの肉の缶詰の主流のお値段は、
小さい缶詰だったら、
20ペソ(約60円)から、
スパムくらいの大きさの物でも60ペソ(約180円)くらいです。

まあまあ安いです。
多分、
一般の家庭に冷蔵庫が無いのとかも、
関係しているのかなぁって思います。

兎に角、
こっちの人、肉好きですよね。
寧ろ野菜好きな人少ないですよね?

学校に持ってくるお弁当でも、

「米、肉以上!」

…そういうお弁当の子も多いそうです。

うちは、まぁ手抜きですが、
野菜もいれてますが、
クラスの子に、

「ジャンクフード持ってこないと駄目だよ」

そんな事を言われたこともあるそうです…

どんだけなんだい!!!

しかし、一応モンテッソーリは、
食事、
ナチュラル系推奨じゃなかったんか!!!

そんなのはフォリピンでは関係ないんだなぁと、
改めてヒシヒシ感じる今日この頃です。

一応、ベジタリアンメニューのあるお店もあるにはある

でも、
学校にベジタリアンのお友達もいるそうですが、
この国でベジタリアンするのは大変そうです…

レストランに行ったりすると、
たまに、

「ベジタリアンメニュー」があるお店もありますが、
まあ、外国人向けの店で少数派です。
もし、

ベジタリアンの方がセブに来たら、
フレッシュジュースとパンを齧るのが無難でしょう…

しかし、
ベジタリアンかつマクロビを実践している人には、
物凄く厳しいお国でしょう…
パンも
大抵白砂糖、マーガリンで甘いし…
やっていけません…

どちらも、
日本でもそんなに一般的ではなかったですしね。
ちょっと、
レチョ子もチャレンジしようかなと、
血迷った時もありましたが、
名は体を表すで、
肉からは離れられない、
そういう宿命を背負っていたので、
あっという間に諦めましたが…


さらに役立つセブ情報はブログリンク集「セブ島情報」から。
ジプニーに乗ってレッツゴー!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
LINEで送る
Pocket