【異文化交流とわらしべ長者】

LINEで送る
Pocket

レチョ子です。

先日夜遅くに、
我が昭和の香り高き
コンドミニアムの公共スペースで
PCでオタク活動に
勤しんでいたところ、
背後から、


「はろー はろー はろー!!!」
(聞こえてんだろ?という感じ満載で)

おっさんがいきなり話しかけてきました。
まぁ、私はおばさんなんですが…

レチョ子は
ガン無視を決め込んでいましたが、
それは、
まさか私に話しかけていると
思ってもみなかったからです。

いや…その…
画面もさることながら、
頭にタオルを巻いた
夏場のおっさん状態の
だらけた姿の(一応)女性に
話しかけるなよとは
思いました…

しかし、
どうも、

おっさん
「ここはWi-Fiが繋がらないのか?
お前は使えているのになんでなんだ?
使えるようにして欲しいんだ」

そんなことを言ってました。

レチョ子
「えええ(;´д`)」

レチョ子はそういう設定が苦手です。
物凄く苦手です。
…得意な物の方が
少ないじゃんっていうことは秘密です(‘ω’)

急遽、
室内にいる旦那に救助を求め、
Wi-Fiパスワードを教え、
入力までしてあげる優しい旦那。

野次馬根性で覗きに行くと、
PCの画面には
アラビア文字…

英語もまともに読めないけど、
これはまた読めないな…

しかも、
アラビア文字は右から書く上に、
キーボードの記号配列が違ったらしく
すっごく操作しにくそうでした…

そんなんで四苦八苦していると、

おっさん
「くーるだうん!くーるだうん!」

旦那
レチョ子
「(クールダウンするのはおっさんの方なのでは…)」

そういう、
サインを2人目で交わしながら、
どうにか設定して事なきを得ました。

めっちゃ喜んでくれて、
なぜかツナ缶を貰いましたヾ(*´∀`*)ノ

Exif_JPEG_420

 

Exif_JPEG_420

旦那
「なんか、パスワード教えただけでこんなに貰ってよかったんだろうか…」

レチョ子
「1個で十分だったような…」

そういう事じゃないだろう、きっと…

そして、
アラビア圏のツナ缶かぁと
マジマジとみる2人。
なんかイタリアって書いてある…

なかなか、
いろんな国が混ざり合っているなぁと
実感するレチョ子でした。

そして、
いくら敷地内の公共スペースだからといっても
もう少しまともな恰好をしておこうと
心に誓いました…


さらに役立つセブ情報はブログリンク集「セブ島情報」から。
防弾仕様の現金輸送車に乗ってレッツゴー!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
LINEで送る
Pocket