【その2:セブで眼鏡を作るには】

LINEで送る
Pocket

前回はセブでメガネをつくるにはと、
銘打っていながら、
うっかり日本のメガネ事情を書いてしまったのですが、
今回はちゃんと、セブでのメガネ事情です。

眼鏡をしているのは、金持ちか外国人

こちらに来た時にこういわれました。
なので、フィリピン人に混じるなら、眼鏡は目立つよと。

………でもね…私、
常にアレルギー性結膜炎気味なので、
年に数回あるかないかの、
友人の結婚式とか、
ライブとか、
そういう、超スペシャルハレの日の為に
使い捨てのコンタクトレンズを買いに眼科にいくのですが、

必ず、

「君!コンタクトなんかしちゃ駄目だよ!!!!!」

と、言われます…

知ってる、目にあわないってこと…
だから、本当にその数時間の為だけに欲しいの…
女性として、
その時くらいはお洒落させて下さいよ…センセイ…

なので、まあ、目立つと言われても眼鏡が良いです。
それにね~
目が細くてつり目気味なので、
どんなに日に焼けても、

「コリアンでしょ?え?中国人だったの!あ~日本人!!!」

とのお決まりの反応をされます。
もう、何でもいいよと思う次第ですが、

タクシーでは頑なに

「日本人!!!私は日本人です!!!」

と、いう事にしています。
あからさまに態度が軟化するドライバーを何人みたことか…

また、話が逸れました…

安いメガネ屋さんをみつけたぞ!

Verona Optical

SMモール2階のフォーエバー21の近く、
サイバーゾーン入口にあります。

Exif_JPEG_420

Exif_JPEG_420

フレームとレンズがセットで安く買えるコーナーを発見!
私が目を付けたのは1,500ペソ(約4,500円)のセットです。

普通のフレームで良いので、適当に無難な商品をセレクト。
そして購入。

「今使っているレンズと同じ度数で」と伝えるも、
視力検査に回されます。

いい…
時間の無駄だし、
この度数がいいの…
余計な事したくないのに…

そういっても無視され、
前の順番の恰幅のいい金持ちそうなおじさんが、
レンズをこだわっている為、
話が長く、延々とまたされる事に…

日本でも使う、
穴を覗くと気球が見えてそれにピンと合わせて視力を図り、
その後、アナログの視力検査をしました。

日本のCのどっちが空いてますか?というのではなく、
アルファベットの羅列なのがなんだか新鮮でした。

それが終わったらレンズを加工して引き渡しです。

日本では、にこやかに

「1時間後に来店して下さいね」

と、言われるのですが、
もちろん、
こちらではそんな気遣いはありません!

旦那「あ~どれくらいで出来る?」

お店の人「一時間後くらいかな?」

旦那「その頃戻ってきていい?」

おみせの人「お金先に払ってくれれは!」

そうして、一時間後に眼鏡を無事ゲット!!!!!

こちらのお店、続々OPENするようなので、
眼鏡も安くてもOKな方は利用してみると良いかもしれません。
今の所、問題なく使用できています。

また、駄目になったらこちらでも報告してみたいと思います。

ちなみにこれが、

zoff

Exif_JPEG_420

JINS

Exif_JPEG_420

Verona Optical

Exif_JPEG_420

見た目はそんなに変わりません。
…っていうか、
私が選ぶラインナップが似すぎているという話は、
しないで下さい!!!


さらに役立つセブ情報はブログリンク集「セブ島情報」から。
フォースの力で走るマスター・ジプニーに乗ってレッツゴー!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
LINEで送る
Pocket