【セブで手に入りやすくて、おすすめのお米】

LINEで送る
Pocket

レチョ子です。
フィリピンの主食も米なのですが、
こちらで好まれるお米は、
長細くてぱらっとしてる米です。

…ぱらっとっていうと良い表現ですが、
本当はパサッとですね…

スーパーやローカルのお店でも
量り売りをしていて、
とてもお求めやすい価格で
売られているお米もあります。

しかし、
日本から来たての人は
多分帰国を考えるレベルで
望郷の念に囚われる人も少なくない、
そんな感じなのではないでしょうか?
(あくまでも個人的な感覚)

もちろん、
食べられなくはない。

だが、
これを365日ずっと食べるとなると、
なかなか。

その場合、
「ピリット」と呼ばれるもち米を一緒に炊くと
多少もちっとします。

Exif_JPEG_420

「ピリット」を使って、
なんちゃってお餅とか、
おはぎとかも作れます。

あたりまえっちゃあたりまえ、
もち米だからね。

一時帰国した旦那に

レチョ子「あんこを…あんこを買ってきて…」

そういって購入して貰ったもので
作ったおはぎです。
見た目は本当に泥団子…
海外に来て人生初のおはぎをつくる…

Exif_JPEG_420

オタクの友人の口癖の

「いい?ないものは自分で作るのよ!」

その言葉は、
こんなところでも生きてます。

旦那の
「転んでも前に転ぼう!」

この2つの言葉と共に
生きて行こうと思います。

話しが大幅に逸れました(‘◇’)ゞ

なるべく経済したい所ですが、
お米は美味しいに越したことはない。

我が家で食べているのは、
ミポニカ(Miponica)
日本米とミログラサ米の配合種らしい。
ミラグロサ米って(‘ω’)?

Exif_JPEG_420

ジャスポニカ(Jasponica)
日本米とジャスミンライスの配合種らしいです。

写真はないんですけど、
見た目はミポニカと
ほぼ同じパッケージです。
本当です!!!

うちは、
ミポニカ押しですが
そこも好みなので
両方試してみるのが
いいと思います。

2㎏
5㎏
10㎏で売ってます。

しかし、両方とも、
5㎏約500ペソ(1,500円)

今はペソ換算で
3倍近いってことはないんですが、
うちは変動があっても
基本3倍で計算します。

 

… 高い_(:3」∠)_
もうちょっと家計に優しいお米が良いなぁ。

日本のお米は高いので、
我が家は……
おっと、
夫の目が…(ギャグではない)


さらに役立つセブ情報はブログリンク集「セブ島情報」から。
フォースの力で走るマスター・ジプニーに乗ってレッツゴー!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
LINEで送る
Pocket