【天上のランチーセブパシフィックの機内食の素晴らしいクオリティー】

LINEで送る
Pocket

レチョ子です。
また引きこもって、
もそもそもそもそもそもそ
手芸に明け暮れていました…

今は、目下、日本で手に入れた、
ねんどろいどというフィギュアと
オビツというフィギュアの素体を改造して、
その洋服や小物をせっせと作っています。
そして、着せ替えて

「可愛いよ!うちの子可愛いよ!ハァハァ…」

とかしてます…
何言ってるんだかさっぱりわからないと思います。
それでいい…
それでいいんです…
まあ、
端的に言いますと、
他人に迷惑のあまりかからない
変態行為もとい
お人形さん遊びを楽しんでいます。

ああ、こんなオタク活動してるの
セブ中で私だけなんだろうかと思うと
雨季の晴れ間の空もより高く感じます…

【セブパシフィックの機内食】

じゃ~ん!

Exif_JPEG_420
開封!!!

Exif_JPEG_420

肉、米以上!!!
これ、
ちなみに
照り焼きチキンです。

なんか別の袋に
たくあんの細切りみたいなのが付いていましたが
開ける所がなく、
汁が飛び散りそうな予感しかしなかったので
食べませんでした…

サンドイッチ。

Exif_JPEG_420
マヨネーズが甘くないのが素晴らしい!

…フレッシュって書いてあるけど、
寧ろそこを強調するところが怖い。
さすがセブクオリティ!!!

【セブパシフィックで機内食を食べるなら】

個人的には、
サンドイッチかカップラーメンかなって思います。
また、ジョリビーなんかを持ち込んでいる勇者とかもいます。

できれば、離陸前に食べる、
または、到着した後に食べるのが良いかもしれません。

【空港のレストランもそこそこ充実&ビールの値段】

セブの空港のレストラン、
結構美味しいと個人的には思えるお店がチラホラ入っているので、
そこで済ませるのは悪くないと思います。

ただ、
サンミゲルが缶90ペソ(約270円)もするので、
やはり空港内はお高いです。
景気づけに
一杯ひっかけてから乗りたがる夫婦には痛い出費です。
でも、そこは譲れない…(飲む)

普通にお店で買うと
35ペソ(約105円)くらいです。
確か…
いつもうちは瓶で買うので
ちょっと価格は怪しいですけど…

日本で
美味しいご飯をたらふく食べてきた後のフィリピン飯は
衝撃的ですが、
なにより衝撃的だったのは、

旦那:私「うん、食べられる!普通に美味い!」

そう思えるフィリピナイズされた自分達と、

子供:「美味しいねぇ~」

そう、
何を食べても幸福そうに微笑む子供。
君はきっと人生の多くの部分で得をしていると思うよ…
逞しく生きるんだ…我が子よ…


さらに役立つセブ情報はブログリンク集「セブ島情報」から。
ココナツカーを押してレッツゴー!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
LINEで送る
Pocket