【一度払ったお金は帰ってこない】

LINEで送る
Pocket

レチョ子です。
日本だと、返品、返金は当たり前。
一部のセール品はNGですが。

しかし、海外は違う…
傘を買うも使おうと思って買って、
暫くたって開いたら骨が折れていたとします。

日本だったらレシートと共に現物を持って行き、

「使おうと思って開いてみたら壊れてました」

そういえば大抵一発で、
クレーマーとしてマークされていたりしないかぎり、

「壊れた商品をお売りして申し訳ございません。
こちらの不手際で大変ご迷惑をおかけいたしました。
同じ商品との交換に致しますか?
それとも返金が宜しいでしょうか?」

このような対応がされるかと思います。

こっちは違います。

「その場で壊れていないかどうか確認もしないで買った方が悪い」

そうです…

壊れているかどうか?
サイズは合っているのか?
少なくとも購入する時点では、
似合っていると思っていたのか?(辛い…)
それはお金を出す前によく見極めて、
納得してから買わないといけないのです。

自分が欲しい物くらい良くチェックして買えよ!

あ…すいません。
そうでしたよね…

そういう気持ちになります…

【「お客様は神様」って?】

「お客様は神様」なのは日本くらいだし、
そもそも、
「お客様は神様」という意味を
間違って覚えて使っている方が多いように思います。

「お客様は神様です」

このフレーズは、
三波春夫さんとと宮尾たか志さんの対談の間で
生まれた言葉だそうです。

本来は、
ざっくり要約すると、

「歌う時、神様の前で祈るときのように、雑念を払って、心をまっさらにしなければ完璧な芸はできない。だからお客様を神様とみたてて、歌を歌う。そして、演者にとってお客様を歓ばせるということは絶対条件。なので、お客様は絶対者、神様なんだよんって比喩なんじゃよ?」

ってことだそうです。

全然違うじゃん…
話が逸れましたが。

まあ…
神様は無慈悲に、
地上に住むすべての生き物を
洪水で流し去ったりする天災みたいな所があるので、
その訳のわからなさ、
その点においてはクレーマーは
神に相当するのかもしれないなとか思いました…

そんなわけなので、

海外で商品を購入する際は基本的には、

交渉すれは交換はしてくれますが、
返金はして貰えないとおもって下さい。

買う前によくチェックすることが大切です!


さらに役立つセブ情報はブログリンク集「セブ島情報」から。
ココナツカーを押してレッツゴー!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
LINEで送る
Pocket