【予約した店に来店するもつぶれていた時の正しい対応の仕方-セブ編-】

LINEで送る
Pocket

答:文句を言わず話のネタが出来たなと笑いながら、
速やかに別の店に移動する。

そう…ここでは、

「長い間、ご愛好いただきましてありがとうございます。
急な事ですが▲▲は閉店(移転)いたしました。
また、移転先は○○になりますので、
今後ともご贔屓にして頂けたら幸いです。

連絡先:000-0000-0000

こんな感じの張り紙なんて一切ないのは当たり前。
店は突然なんの前触れもなくつぶれるもの…

【店が閉まる前の予約】

旦那の仕事先では
月一で作戦会議という名のもと、
食事会が開かれる。

作戦会議なので、
アルコールは出ないそうだ…
アルコールが出ない作戦会議なんて、
作戦会議じゃないわい!!!
(アル中脳)

それは置いておきまして…

旦那「ただいま~」

レチョ子
「おかえり~
今日の作戦会議楽しかった?
ご飯美味しかった?」

旦那「それがさ~予約した店が閉まってて」

レチョ子「は?お休みなのに予約受付されてたの?」

旦那「いや、店が無かった」

レチョ子「更地に?」

旦那「流石にそこまでは…改装中みたいな感じになってた」

…従業員は店が無くなるのを知らされてないんかい…

予約受けたの誰よ…
そういう電話対応って、
そこそこの人がしてるんじゃないのだろうか…

まあ…
そんな事を言っても始まらないのがセブ。
日本だったらクレームもんです。
店が無くなった後にも拘わらず
謝罪しないといけないとかどんな拷問なの?
きっとそんな気持ちで謝る事になるでしょう…

レチョ子「で?どうしたの?」

旦那「隣の店に行った」

レチョ子「ですよねw」

旦那「ですよねw」

これがセブ。
これが海外で生きるという事です。

腹を立ててもしょうがない事と
割り切る事が必要なんだなって思います。
予約金とか払ってたらめっちゃ激怒しますが、
しかし、

一回払ったお金は帰ってこない。

それが常識です…


さらに役立つセブ情報はブログリンク集「セブ島情報」から。
料金が高いイエロータクシーに乗ってレッツゴー!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
LINEで送る
Pocket