【長い夏休みに死すとオタクが海外で生きる事】

LINEで送る
Pocket

どうも、お久しぶりです。
え?誰だって?
そうですよね~しらないですよね~
私もはじめて日記書きますもん。

初めましてレチョ子です!

…すいません、
ずっと日記サボってました。
一回停止しちゃうと、
なかなか書けなくなるもんだなぁってわかってはいたんですが、
まあ、想定内でした…

この間なにをしていたのかというと、
子供が夏休みに入ったと当時に、
仕事の旦那を置いて、
友人夫婦とモアルボアルに2泊3日の旅行にいったっきり、
子供と家で、
ダラダラ、ダラダラ、ダラダラ、ダラダラ、ダラダラ過ごしてました。

3ヶ月夏休みって…死ねる…

子供は主にアニメを見て、ゲームをして、
その脇でレチョ子はミシンでちまちま趣味のものを作ったり、
主にオタク的なことをガンガンしてました…

海外にでたら、
日本のような生活はナンセンス!

…そういう話もありますが、
私も旦那も、
バリバリゲーム、ネット世代だし、
その環境があれば、
別にそのライフスタイルを急に変える必要もないのかなって思います。

私はバリバリインドアですが、
それでも、
海に行けば海も楽しめますし、
山に行けば山も楽しいです。

何をしても、
何処に居ても楽しめればいいのかなって思います。

海外にちょっと長くいるようになると、
どうしても日本と比べてしまう事って、
多くなってきてしまうものなのかなと思います。

ガチオタクなので、
アマゾンとか楽天に頼めば関東に住んでいたなら、
一両日中に手元に商品が届く。
そうでない地域にいたとしても、
(沖縄、北海道だとしても)1週間待てば大体の物は届く。

家に再配達もしてくれるなんて凄い!

コンサートやライブ、
イベントだって気軽に行けるんだよなぁって思います。

アニメーター等が
『言語の問題も給与もがっつり渡すから海外で働いてよ!』と、
オファーを貰っても行くことが少ない、行かないのは、
『ネットショップしか自由の無い監獄にいけないわい!!!』って、
回答していたのをみて深く頷きました。

そうだよね…
オタクには日本のオタクが生きて行きやすい、
その環境こそが生きる道だよねって思います。

前は、
「日記、写真もちゃんとUPしないと~」とか
思っていたので腰が重くなってしまっていたので、
今回からは気軽に文字だけとかでダラッと生きたいと思います。

え?前からだって?
ここはセブだぜ~

 

 


さらに役立つセブ情報はブログリンク集「セブ島情報」から。
ジプニーにつかまってレッツゴー!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
LINEで送る
Pocket