【今回のbirthdayparty】

LINEで送る
Pocket

レチョ子です。
真面目に日記を更新しようとの強化週間です。

レチョ子
「3日坊主になったとしてもさ、
また再開するスパンを短くしていけばきっと習慣になると思うんだよね!」

旦那
「頑張れw」

嘲笑われてます…

そういう会話を常にするのですが、あまり改善されませんが、
志は持ち続けようと思います。

招待状から始まる恐怖

大体、
1週間から3日前そのカードは配られます。

誕生日の子が好きなアニメとかキャラの招待状。
そこには、

「何時から何時まで、此処で、誰々の誕生会を開きます」

そういう事が書かれています。
大体親のアドレスが書かれているので、
そこにテキストを打って参加しますって伝えるのが良いようですが、
忘れてしまってもそこはフィリピン。
その時間にその場所にプレゼントを持って参加して、

「○○の母です。
▲▲ちゃんの素敵なパーティーに参加させて貰えて嬉しいです!
いつも、○○と遊んでくれてありがとう!」

そういえば問題はないでしょう。

出来ればプレゼントは
カードに書かれてたキャラとか雰囲気のものを渡せば
間違いないとおもわれます。

時間通りには始まらないので、
終わりも押す。

4時からって書かれていたら
4時半くらいに行けば大体1番乗りになれます。

しかし、学校の後だと、それだと遅刻になります。
今回私はそれをしました…

でも、人は集まっていましたが、
パーティ自体はまだ始まっていませんでした。

今回は、
4時から6時って書かれてましたが、
実質終わったのは7時でした。

最初は歌とゲーム

大体、ハッピーバースデーの歌から始まり、
子供達全員参加のゲームがあります。

参加賞でお菓子がもらえたりします。

今回は、更にバルーンアートを配ってました。
めっちゃ皆で
バルーン剣チャンバラしてました。

そんな中、うちの子は
何故かピストルのバルーン。
戦いを果敢に挑んでいましたが、
リーチの差で惨敗していましたね…

でも、マジックとかよりは、
バルーンアートは個人的には良かったなって思います。

お祈りしてご飯

一通りゲームが終わったら、
ご飯が振る舞われます。

なんかここはキリスト教を感じる、
きちんと挨拶をしてからご飯です。

日本人としては、
「いただきます」をしてからの習慣なので、
なんだかいいなって思います。

そうよ、
作ってくれた人にも、
食べられる命にも感謝するんだよっておもうけど。
こっちはキリスト様に感謝するんだよね…
まあ、なんでもいいと思います。

大体ビュッフェ形式なので、
その後並んで
好きな物を取り分けて貰って食べます。

皆!!!
勿体ないから、
食べられる量だけ持ってきなよぅ…

残った物は主催の家族がお持ち帰りしたようです。

飾られている風船等はお土産として持ち帰ってOKです。
後、凄いデコられたカップケーキとかも大抵あるので、
そういうのも頂いたりできます。

しかしですね、
レチョ子…

「持って帰ってね♡」って言われたのに思わず一回目断りました。

だって、
帰りのタクシーでべったべったになったら嫌だもん…

しかし、そういうことじゃない!
これは私がどう思うかじゃなくて、
招いた人と子供が楽しければいいんじゃんよ…
そう、すかさず反省して
「やっぱ、貰ってくね♡」って言えたのは今回頑張ったと思います。

後、
話すこともできないのでポツンと座っていたんですが、

ママさん
「こっち来なよ~」

…ってありがたくも誘って貰ったんですが、

レチョ子
「え、あ…ここでいいっす…」

…と思わず反射で断るレチョ子…

ひ~ん!!!
辛い、世間話とか辛い…

しかし、
「そろそろここ片して良い?」って店員さんに言われたタイミングで
「やっぱここ座っていいかな?」と移動できたので、
少しは頑張ったと思いたい…

レチョ子は疲れたよ…
しかし、これは子供が楽しければ、
それだけでいいパーティー。

突撃インタビュー!!!

レチョ子
「楽しかった?」

子供
「うん!すっごく楽しかったよ~!
(レチョ子、子供)の誕生日は…!!!………うちでやろうね!」

すまんな…
ああいうのはちょっとうちら夫婦には向かないのだよ…

…やっぱり、ネット英会話ちゃんとやろうかな…
壁の花というか、
壁のシミになり続けるのも
なかなかキッツいもんなぁ…

お会計は当日皆の居る所で

別に、
金額がばれるとかそういうことはないですけど、
こっちは、
ファーストフードのお店以外は全て、
店員さんを呼んで、
席でお会計します。

なので、
パーティーもそんな感じの支払いです。

一体いくらくらいなんだろう…

前に子供が学校で
誕生日パーティーのセットプロモのちらしを
貰ってきてたけど失くしました。


さらに役立つセブ情報はブログリンク集「セブ島情報」から。
料金が高いイエロータクシーに乗ってレッツゴー!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
LINEで送る
Pocket