【I miss you】

LINEで送る
Pocket

レチョ子です。

今日お迎えに行ったら、

子供
「あ、忘れてた!」

そう言って、
あるお友達に抱き付いて、

「I miss you!」

そう言ってました。

レチョ子
「どっか旅行にでも行くの?」

こっちだと、
学校があっても結構旅行に行ってしまったりします。
まあ、
そういうのもいいよねって思っちゃってる辺り
日本でやってくのは厳しいのかも…

小学校の頃とか、
夏休み終わっても、
「○○は今ハワイに旅行中だから休みだ」
とかいうのなんか妬ましい感じじゃなかったですか?
私はそうでした…

でも、今は
「行ったらいいじゃん!
学校だけで学べない事もあるよね~
思い出は大切だよな!」

そんな感じに。

子供
「うん、日本に行くんだって~」

レチョ子
「帰ってくるんでしょ?」

それなのに、
大げさだなぁと思ってたんですが…

子供
「うん、でも、もうこの学校には来ないんだって~」

えええ~そうなの?
だったらあのリアクションも納得。

その上、
友達の名前を聞いたら、
一番仲いい子だと言ってた子じゃないの!!!
むしろそうだったなら、あっさりしすぎ?

I’m going to miss you」のことだったんだなぁって。
会えなくなるから寂しくなるねって。
はぁ~そうかぁ…
私だったら
一番仲いいって思ってた友達が転校しちゃうってなったら泣くな…
それを考えるとあっさりしたものです。

爽やかなお別れ。

こっちは何となく日本より、簡単に学校を変えたり、
海外に行っちゃったりすることが多い気がします。

人生って出会いと別れを繰り返していくものだけれど、
その中で色んな経験をしていくんだなぁと。

さよならだけが人生だかぁ…
くよくよせずに、出会えたこと、楽しく過ごした時間に感謝して、
今は笑顔で送り出そうってことかな…
この場合。

なんだかレチョ子の方がしんみりしてしまいました。
子供に教えられる事って本当に多いなぁって。

禁酒も続いてますが、
呑みたくなる時もあります。

レチョ子
「呑んじゃおうかな~ビール…」

そう言ったら、

子供
「それは僕が決める事じゃないから止めないけど
お母さんがどうしたいかよく考えて決めたらいいんじゃない?」

ああ…
アダルトチルドレンを作り出す毒親にならないように気を付けたいと思います。
今からでも遅くありませんように…


さらに役立つセブ情報はブログリンク集「セブ島情報」から。
フォースの力で走るマスター・ジプニーに乗ってレッツゴー!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
LINEで送る
Pocket