【アンモニア臭は爽やかな風に乗って】

LINEで送る
Pocket

レチョ子の近所だけかもしれませんが…

【アンモニア臭の正体】

前にも書いたことがありますが、
その原因は、
そこら中にある壁に
男性が放尿なさるからでございます。

そう、いわゆる立小便です!

日本だったら、
酔っ払って世の中の理不尽に憤って勢い余ってとか、
旅行中にトイレが見当たらない
大自然のなか、世のしがらみを総べて解き放つとか
そういう場面では致し方ないという
そういう時にしか見られない光景ですが、
セブでは、日常です。
バンバンしてます。

道路に面している壁はトイレです。
間違いありません。

なので、セブに来て道路を歩く際は、
車にも気を付けないといけませんが、
壁に寄り添い過ぎると
誰かのおしっこがつくかもしれないので
気持ち離れた方がいいかなって個人的には思います。

あと、道端には大量に野良犬のうんちも点在しているので、
軽快なステップを踏みながら避けて下さいね。
その時も車には注意です。

子供にも、

「犬のフンは踏まないように!
でも、車と犬のフンだったら、
車に轢かれる方がヤバいから、
そういう時は犬のフンを踏んでも車を回避するように」

そう教えています。

【季節の香り】

日本にいるとその季節によって、
風と共に花の香りが流れてくることによって
その移り変わりを知る事が出来ると思っています。

春なら、梅、桃、沈丁花や咲き誇る桜からのほのかな香り。
初夏になればくちなし。
秋になるとむせかえるような金木犀。
冬は水仙。

こっちでは常にブーゲンビリアが
常にみだらに咲き乱れていますが匂いはないです。

ふと、アンモニア臭を嗅ぎながら、
日本って香りでも季節を感じられたんだなぁって改めて思いました。


さらに役立つセブ情報はブログリンク集「セブ島情報」から。
幸せの黄色いジプニーに乗ってレッツゴー!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
LINEで送る
Pocket